本文へスキップ

学生ローンの歴史を振り返る

〜学生ローンの誕生から現在まで〜

学生ローンの歴史は以外にも大手消費者金融の誕生とほぼ同時期に誕生しました。学生ローンの看板が所狭しと立ち並ぶ学生ローンの街、高田馬場では新規客獲得の為の広告手段が歴史の時を刻むとともに、その手法も変化を遂げています。そんな中で貸金業法の改正に伴い、広告の規制や上限金利の規制にも歴史があるのです。

informationお知らせ

ところで学生ローンってなんだろう?
そんな風に思った人も多いのではないでしょうか。
東京では学生ローン=高田馬場、学生でもお金が借りられるキャッシング会社として、知られています。
しかし、地方の方には、まだ馴染みが薄いかもしれません。
学生ローン会社は、社員数が5〜15名ほどの小規模な会社がほとんどですので無理もないことなのです。
学生ローンは、学生さんのニーズに合わせた金融商品を提供することで、その存在価値を高めてきました。発足当時は店頭融資がメインでしたが、インターネットの普及につれ、即日振り込みローンで地方の学生さんたちにもようやく市場が広まってきたところです。
はじめて学生ローンの存在を知った方には、実際に借りるとなると抵抗もあるかと思います。
「そんな聞いた事もないローン会社なんて信用できるのかな?」とか、「支払いが遅れたら厳しい取立てがあるんじゃないだろうか?」とか「借りるときに家族に知られたりしないか」等々、不安材料をあげたらキリがないかもしれません。
しかし、学生ローンといえども立派な貸金業者なので、営業の認可をきちんと受けているのです。
特に最近では貸金業法が改正され、その敷居はますます高いものとなりました。
事実、つい数年前までは35000社ほどあった貸金業者ですが、平成20年4月現在では1万社ほどまで減少したと言われています。
その中で、貸金業法改正のもと、新たに発足された日本貸金業協会に加盟している貸金業者は、実に4千社ほどに留まっているのです。
残りの6千社の動向が注目されるところですが、さきほども述べたように貸金業の営業認可のハードルが高くなった為、経営の断念を考えている業者もかなり多いのだと推測されます。
そんな厳しい現状の中でも、高田馬場の学生ローンは立派に営業認可の登録を更新し、コンプライアンス遵守に則った営業をしているので、安心して利用することができるのです。


2017年12月
サイトをリニューアルしました。

サイトイメージ

shop info.サイトイメージ